インフレという言葉が具現化したような神アプリ!!『幻妖物語-十六夜の輪廻』

 筆者はこのアプリをプレイする前にいつも通り前評判を確認していました。

 すると、奇妙な文章に目が止まりました。

 「約10分でレベル75になった」

 もはやノンストレスだとかストレスフリーとか、そういうレベルではない次元で最近のアプリは進んでいるようです。

 だからといって面白くないわけがないです!!

 サクサク進むこのゲームの爽快感や『独自のシステム』には驚かされるばかり!!

 今回は『幻妖物語-十六夜の輪廻』の注目ポイントを徹底解説します!!

幻妖物語-十六夜の輪廻

幻妖物語-十六夜の輪廻

EYOUGAME Co.JP,Ltd無料posted withアプリーチ

幻想的な人間界が舞台!!『幻妖物語』

 

 2019年10月17日にリリースされた『幻妖物語-十六夜の輪廻』は、フルオートが可能で手軽に遊べるMMORPGです。

 『エトリア』や『ロストクラウン』などで有名なEYOUGAMEの新作ゲームで、前作同様サクサクレベルアップするのがポイントの一つです。

 今回は和風世界が舞台で、巫女や契約獣とともに妖怪退治をするストーリーになっています。

 最近のMMORPGでは王道的な世界観やストーリーですが、ここからは独自のシステムやゲームの流れを見ていきます。

圧倒的な成長がクセになる!!爽快バトルモード!!

最初はキャラ選択から

 まずはアバターの選択からスタートします。

 男性は『天狗の化身』で日の陰陽師
 女性は『九尾の化身』で月の陰陽師

 筆者はもちろん『九尾の化身』である女性アバターを即選択!!(深い理由はない)

 男女でキャラクター性能に大差はないのでビジュアルで選んじゃってください!!
※複数キャラを作成できるので、両方作って遊ぶのもアリですね。

超優秀なオートプレイで爆速プレイ

 注目ポイントであるバトルですが、フィールドには多数の妖怪が存在するため、敵を一気に蹴散らす無双ゲームのような爽快感が味わうことができます。

 画面左上のクエストを受注しながらオートで進めていきますが、もらえる経験値が莫大な量なのですぐにレベルが上がってしまいます。

 試しに少しやってみるか、という気持ちでプレイしていたら既に70レベルになっていました。

 時計を見ると10数分程度。
 レビュー通りのサクサクっぷりでした。

 ですが拍子抜けするようなことはありません。

 実際、キャラデザが秀逸なので見ていても飽きませんし、スキルによる技の演出も派手なので気付いたら10分経っていたという感じでしたね。

 続けてプレイしていくと、開始30分ほどでレベルが100を超えました!

 MMORPGはどうしても自分で操作してフィールドを駆け巡るイメージがありましたが、これなら時間が取りづらい人でもすぐにゲームをプレイした満足感を得ることができるでしょう。

 何よりオートプレイが非常に優秀のため放置してても問題ありません!!

 …ですが、あまりにサクサク進むので、MMO初心者の人は画面をよく見て遊ばないと何をしているのかついていけなくなる可能性もあるのでご注意ください。

 画面の指示を見ながら上手く進めていきましょう。

他にはないシステム!!『結婚式』『子育て』

 この設定には普通に驚いてしまいました笑

 レベル180になると結婚システムが解放されます。(レベルが180まであるのかというツッコミは無し)

 よくある結婚システムだと、異性としか結婚できないケースがほとんどだと思います。

 仲良しのプレイヤーが同性だったり、男女比が偏っていて異性パートナー探しが大変だったりと悩みは尽きません。

 そんな心配を解消するべく、幻妖物語では同性結婚ができちゃいます!!

 疑似恋愛・フレンド婚・ネタ婚など理由はどうあれ、結婚すると様々な恩恵が受けられるので、パートナー作りはおすすめですのでぜひぜひ結婚しちゃってください!!

やりこみ要素も多い!!『幻妖物語』

 いかがでしたでしょうか?

 本作は、面倒な操作無しで一気にレベルアップできるお手軽なMMOです。

 また、ゲームを進めると結婚や子育てができるのが大きな魅力ですね。

 チャットも意外に活発で、会話しながら遊びたい人に向いてると思います。

 自分の手で操作するアクション要素は、サクサク進む分それほど多くはありませんが、時間がない人や面倒な操作が苦手な人でも気軽に楽しめるおすすめゲームですので、ぜひ一度プレイしてみてください!!

幻妖物語-十六夜の輪廻

幻妖物語-十六夜の輪廻

EYOUGAME Co.JP,Ltd無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる